アドバンスフードテックの パイプメタルディテクター

①パイプメタルディテクター(上流側)
②パイプメタルディテクター(下流側)
③自動三方弁
金属異物を検知した際、自動三方弁は、
排出路に向かって開放するように
切り替わります。
④増幅部
⑤信号処理部

④増幅部と⑤信号処理部を一体化した コンパクトな制御ボックスを開発!
従来品と比べ、お求めになりやすい価格で ご提供できるようになりました。

スペック(機器仕様)
タッチパネル
  • 1.製品通過量の表示
  • 2.NG製品量の表示
  • 3.検出閾値およびグラフスケールの設定
  • 4.異物発生時の画面記録
  • 5.異物信号の自動保管
  • 6.パトライト表示とブザー警報等
機器各部
信号検出部液体に接する配管は樹脂製。
MSDS認証を受けた実績の高い材質です。紺色のボックスは、異物信号の検出装置、外部環境ノイズを遮蔽する装置で構成されています。
配管サイズはφ10~50Sまで設計製作可能です。
信号増幅部 円筒もしくは角型の磁気シールドボックス内に、微弱な信号を受けて信号増幅する特殊な装置が組込まれています。 信号処理部 PLC+画像処理機能を組み合わせたタッチパネル方式。ご要望に沿った制御方法・操作方法に条件を設定できます。 画面には検査中の製品量、NGとなった製品量が表示され、異物発生時の波形画像は操作条件を含めて画像で記録します。
信号検出部・信号増幅部ともに、特許申請済み。
いずれも防滴構造。シンプルな構造は故障する可能性を極めて低くしています。

液体、粉末の金属検出に最適!

アドバンスフードテックの「パイプメタルディテクター」は、液状・粉末状の製品を、管内を通過・自由落下させて金属の混入を検出する機械です。例えば、ジュース、ソースなどの液体、インスタント食品の粉末スープ、かやくといった粉末状製品の金属検出に最適。さらに、粘性の高い味噌やアイスクリームといった食品、化粧品などの検査にも適しており、幅広い製品・商品にご利用いただけます。

パイプメタルディテクターの特徴

食品の検査には金属探知機が一般的に用いられています。
しかしながら、液状食品の場合には気泡・水分・塩分などが存在し、これらが磁場を乱す原因となるため、金属探知機が使用できない食品や、使用する場合でも感度を下げた状態で使用する必要があります。

パイプメタルディテクターは、気泡・水分・塩分などがあっても金属異物を検出する画期的な検出ユニットです。
他の探知機に比べ、誤検知が少なくなっています。
また従来装置の適用が困難であったドレッシングなどの固形物を含む流動性食品や、粘性の高い食品に対しても適用可能です。
※検出可能な金属異物は鉄・ステンレスなどの金属全般です。
※検出感度は、装置の使用条件にもよりますが、鉄球の場合径0.3mm以上からとなります。

パイプメタルディテクターは増幅部・信号処理部を介し、自動三方弁を動作させることができます。
通常時の自動三方弁は、液状食品が上流から下流へ移動するように開放しています。
上流・下流に二つ設置されたパイプメタルディテクターのうち、上流側で異物を検知した場合は、その検出信号に基づいて自動三方弁が切り替わり、排出路に向かって開放されます。
また、上流側で異物を検知された液状食品は、下流側でも金属異物の有無を確認することができるため、液状食品の流速に合わせて自動三方弁の動作タイミングを調整できます。

パイプメタルディテクターの信号処理部では、金属異物を検知した発生日時と検出信号の大きさを記録するため、記録データを遡ることにより工程管理の対応も可能です。

検出感度と排出異物の確認

配管概形 φ10~50mm
流体速度 30~120m/min

上記は標準感度です。この条件下でφ0.5mm以上の鉄球は確実に検出されます。また、自動三方弁の前に異物検出器を設け、後にNG検出器を取り付けることで、系外への排出を確認できます。

取り扱える食品流体

固形物を含むもの 粘土の高いもの
例) ミンチ肉、ドレッシング、味噌 例) アイスクリーム、クリーム
気泡があるもの 塩分濃度が高いもの
連続・単発のいずれの気泡も可 例) 醤油、食塩水
高温・低温のもの 均一な磁性があるもの
流動性があり、100℃以下なら可 例) チョコレート

機器配置および取り付け

  • 検出部+増幅部+処理部を1基ずつ並べる配置も可能
  • 検出部と増幅部を複数の配管系に設置し、処理部のみ統合した1基の配置も可能
  • 機器はパーツ毎に納入し、お客様で取り付け

メンテナンスと必要経費

検出部と増幅部はシンプルな構造で、ほとんど故障することはありません。処理部はPLCと電気回路で構成され、故障頻度は少なくなっています。交換が必要となるのは、PLCとパトライトや警報ブザー用電源となりますので、メンテナンス経費を抑えられます。

検出システムの変更

タッチパネルの表示は、お客様のご要望に合わせて変更可能です。また、異物経歴管理も簡単に行える方法をご提案します。

価格と納期

お客様の条件に応じて機器の調整をいたしますが、お求めやすい価格設定でのご提案をいたします。納期は通常、1.5ヶ月程度です。