製造業の製品管理・品質管理について こんなお悩みありませんか?

食品や化粧品、医薬品など、人が口にしたり身体に取り込んだりする製品では、製造過程での異物混入はあってはならないことです。どのような製造工程でも気を抜くことができず、神経質にならざるをえないでしょう。とはいえ、従来の金属検出機、探知機、検査機では、十分に満足できる精度を得られないとお悩みの管理者様も多いのではないでしょうか。

愛知県豊橋市のアドバンスフードテックが開発した、超高精度の金属検出機なら、製造業の製品管理者様、品質管理者様の次のようなお悩みにお応えできます!

金属検出機の導入を検討されている方
  • 消費者に安全な製品を届けたい
  • 自社製品にどんな金属検出の方法が最適なのかわからない
  • 目視検査ではない方法で異物混入を検査・阻止したい
  • 工場社屋・機械装置の老朽化で脱落異物混入が心配
既に何らかの検査機器を導入されている方
  • 導入した金属検出機に誤検出・誤認識が頻発
  • 検査機に誤動作が多く、生産性が低下してしまっている……
  • 生産現場・工場からも苦情が出てきている
  • 検出感度を保ったまま、高速での検査はできないものか
  • 最終工程で異物混入が発覚……!!
  • 金属検出機を導入したのはいいが、定期点検もアフターフォローもなく不安
検査が難しいとされる材質・包装を取り扱っている製造業者様
  • 粉末スープや香辛料など、粉状のものを高速で金属混入検査できないか?
  • 既存の機械では厚手アルミ包装の冷凍食品は金属が検出できなかった
  • 小袋がいっぱい入った大袋商品の金属検出検査がしたい
  • 味噌やアイスクリームなど粘性が高い素材でも検査できる機械を導入したい
  • 既存の機械では検出できないといわれてしまった

このようなお悩みがあるなら、アドバンスフードテックへご相談を。お客様の取り扱い製品、原料、現場の状況など、しっかり踏まえたうえで、最適なご提案をいたします。まずはお気軽に、お電話やメールでお問い合わせください。